最新記事
Posts Are Coming Soon
Stay tuned...
特集記事

虫歯をがっつり予防!いつもの歯磨きにちょい足し3選

こんにちは

オリスホワイトのスタッフ寺町です。

「虫歯はありますか?」と聞かれた時に

「たぶん大丈夫だと思います」と答える人はどれくらいいるでしょうか?

おそらくこれを読んでいるあなたも「たぶん・・・」と答えるのではないでしょうか?

実際歯の詰め物がとれたからと軽い気持ちで歯医者に行って、

みてもらうと虫歯があって詰め物どころではなかったことが僕はあります。

ケアしてなかったかというとそうじゃなくて、

毎日それも食後にしっかり磨いてるのになんで?と思っていたました。

ただ歯は磨いていたけど、効果的な歯磨きができていなかったことに原因はありました。

あなたにも同じような思いはしてほしくないので、

いつもの歯磨きに付け足したいこと3つ紹介いたします。

1.歯磨き粉のチェック

歯ブラシだけで歯磨きをしている人は少ないのではないでしょうか?

歯磨き粉を使っている人は多くても、正しく使えてない人がほとんどです。

まず泡立ちをよくするために水に濡らしてから使用してないですか?

そう泡立ちが良いとめちゃくちゃ磨いた気になりますよ。

わかります。ただ泡立ちが良すぎるがゆえに歯の汚れをチェックしないまま

磨き終えている人の多いこと。

磨けた気分になるのが目的ではなく、汚れを落とすのが目的なので

泡立ちの少ない発泡剤不使用の歯磨き粉で水をつけずに磨きはじめましょう。

また研磨剤といって歯の表面を削る成分が入っているものも注意が必要です。

汚れを削って落とすというのは私達のイメージとしては普通の磨き方かもしれませんが、

歯のエナメル質を傷つけてしまい汚れがつきやすくなる恐れがあります。

またエナメル質が削れてしまうと歯が黄ばんでみえる恐れもあるので要注意です。

2.はぶらしの硬さに気をつける

どの歯ブラシが良いと言うのは好みになるのですが、

1つだけ確かなのは硬い歯ブラシでゴシゴシ磨きはNGです。

先程の歯磨きのところでもお話しましたが、

エナメル質を傷つけてしまう恐れがあります。

また歯ブラシでいうとヘッドが大きすぎると、

ちゃんと歯に当たらない可能性があります。

3.仕上げにフロスを使用する

いくら丁寧にブラッシングをしても58%ほどの汚れしか除去できないようです。

そこで大事なのがフロスをつかうこと。

糸ようじでもなんでもいいのですが、

とにかく歯と歯の間にしっかりと挟んでゴシゴシとこすりましょう。

特に奥歯は「こんなん挟まってたの?」みたいな汚れがでてきたりします。

毎回は無理だとしても夜寝る前の歯磨きの時になど

自分がフロスを使うタイミングをきめておくと忘れずにすみます。

いかがでしょうか?

歯磨きは毎日のことだからこそ、

少しずつさぼると取り返しのつかないことになります。

普段の歯磨きに今日ご紹介した3つをプラスしてもらえれば、

きっと「虫歯はない?」と聞かれた時に自信をもって「はい」といえることでしょう。

一緒にホワイトニングや歯の健康に関する知識を身に着けて、

生まれたての白い歯を目指していきましょう。

====================

ホワイトニング専門店

オリスホワイト

〒790-0004

愛媛県松山市大街道2丁目1-31 ミソラビル2F

tel 089-954-3410

営業時間 11:00〜20:00

定休日 月曜、木曜日


====================


ソーシャルメディア
No tags yet.
タグから検索
アーカイブ
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
  • Facebook - White Circle
  • Twitter - White Circle
  • Instagram - White Circle

Copyright © 2021 ORIS WHITE All Rights Reserved.