白さをキープするならアレが入った歯磨き粉をチョイス

こんにちは

オリスホワイトスタッフの寺町です。

習い事を初めてすぐ挫折してしまった経験はないですか?

ぼくは幼少の頃スイミング、バスケ、チャレンジなど色々経験させてもらったのですが、

どれも長続きしませんでした。

なんでかな?と考えた時に「自分には合わなかったんだな」と言い訳していたのですが、

大人になった今では「楽しさを知る前に辞めてしまったのでは?」と思っています。

どんなことにも学びがあるはずなのですが、

当時は成果だけを求めて

「上手くならないと・・・」「100点とらないと・・・」

と自分にプレッシャーをかけていたように思います。

なんでこんな話をするかというと

ホワイトニングは持久走のようなもので、

1回で白くなるということはまずありません。

少しずつ白くなっていき、自分で気をつけられるようになり

やっと生まれたての白さになっていきます。

その道のりは人によって感じ方が違うと思いますが、

そんな中でも楽しさを見つけてもらえたらと思うのです。

ケアも続ければ習慣になりやらないとむしろ気持ち悪くなってきます。

そこで歯の白さをキープするケアとして大事なのがやはり歯磨きなのですが、

「虫歯を予防する歯磨き」ではなく今回は

「歯の白さをキープする歯磨き」について紹介したいと思います。

ということで今日のテーマは

「白さをキープするならアレが入った歯磨き粉をチョイス」

というテーマでお送りいたします。

どんな歯磨き粉を選べばいいか?

ずばり「ポリリン酸ナトリウム」です。

この「ポリリン酸」どんな効果があるか?というと

「ステイン」「ヤニ」の除去に強い効果を発揮します。

「ステイン」とは歯の表面の着色汚れの原因なのですが、

飲み物であればコーヒーや紅茶

食べ物であればカレーなんかの色の濃いものはもちろん

豆腐やバナナなんかの白い食べ物にも

「ポリフェノール」が含まれているので歯を着色させてしまいます。

今挙げたような食べ物が好きだという人にはピッタリですね。

「ポリリン酸」には他にもコーティングの作用もあります。

歯の表面のアパタイトと結合することで、

数時間は歯の表面に残ります。

歯磨きしたあとは歯の表面がつるつるした感じが残るのですが、

それはこの「ポリリン酸」がコーティングをしてくれているから

と言われています。

このコーティングがあることで、

ステインやヤニ汚れが防げるというのは

白さをキープした人にはうってつけですよね。

また抗菌作用もあることから、

虫歯予防や歯周病予防にも力を発揮すると言われています。

いかがでしょうか?

「ポリリン酸ナトリウム」すごいですよね。

今では「ポリリン酸ナトリウム」を使ったホワイトニングもあるほどで、

お医者さんも認める効果に期待せずにはいられません。

となると迷うのはどんな歯みがき粉を選べばいいのか?

ということになりますが、

やはり効果に応じて使い分けるのが理想だと僕自身は思います。

虫歯なら「フッ素」

知覚過敏なら「硝酸カリウム」

ステイン除去なら「ポリリン酸ナトリウム」

の用に症状に合わせてお選びください。

歯磨きをする機会が一日3回あるので、

3種類用意しておくなんてのもいいかも知れませんね。

朝は歯を白くみせるために「ポリリン酸ナトリウム」

昼は冷たいものがしみないように「硝酸カリウム」

夜は虫歯予防に「フッ素」

なんて使い分けられたらもう一流のオーラルケアといってもいいんじゃないでしょうか。

なんかこうやって考えると楽しくなってきませんか? ぜひ自分の楽しめる方法で歯の白さをキープしていきましょう。

一緒にホワイトニングや歯の健康に関する知識を身に着けて、

生まれたての白い歯を目指していきましょう。

====================

ホワイトニング専門店

オリスホワイト

〒790-0004

愛媛県松山市大街道2丁目1-31 ミソラビル2F

tel 089-954-3410

営業時間 11:00〜20:00

定休日 月曜、木曜日

====================

特集記事
Posts are coming soon
Stay tuned...
最新記事