歯周病ってなんだろう?


こんにちは

オリスホワイトスタッフの寺町です。

歯周病ってご存知ですか?

僕はなんとなく歯がしみたり、

歯茎が腫れたりするものっていうイメージでした。

歯の健康を守ることが白さをキープする第一歩だと思っているので、

ここは改めて勉強しておかないとということで、

今回は歯周病について勉強してきました。

歯周病とは

簡単にいうと歯の周りの組織を壊してしまう病気だそうです。

具体的には歯茎が赤く腫れて出血したり、

ひどい場合には歯の骨にあたる歯槽骨というところも

壊してしまうそうです。

歯の骨にまで影響あると聞くとかなり怖いですね。

歯周病の原因

歯周病菌という細菌による感染症になります。

口の中が汚れてしまうと歯と歯茎の間にプラーク(歯石)がたまります。

この歯石に住みついてどんどん増殖していきます。

ただほとんどの人がこの歯周病の菌をもっているのですが、

発症する人と発症しない人がいるようです。

発症する人の特徴としては

・口の中の環境が悪い

・生活習慣の問題

などがあります。

口の中の環境が悪い人というのは具体的に

口が乾燥しやすい人です。

口の中が乾燥していると細菌が増殖しやすくなる可能性があり、

放っておくと歯周病などの症状が悪化する恐れがあります。

他にも歯ぎしりの癖があったり噛みあわせが悪い場合も、

歯周組織に負担がかかり歯周病のリスクが高まります。

生活習慣の問題というのは

1.タバコを吸う

2.疲労やストレスを溜める

3.よく噛まずに食べる

4.間食をする

1.タバコを吸う

タバコには口の中の環境を悪くする物質がたくさんあります。

詳しくは「タバコとホワイトニングの関係性」を御覧ください。

有害物質が歯茎や粘膜から吸収されることで、

歯周病リスクを高めます。

2.疲労やストレスを溜める

疲労やストレスをためると免疫力が低下します。

これにより歯周病を発症してしまう人もいます。

3.よく噛まずに食べる

早食いでよく噛まずに食べる人は要注意です。

口の中に十分な唾液がないことから細菌が繁殖

するリスクを高めてしまいます。

4.間食する

特に甘いものが好きな人は要注意です。

糖分は細菌のエサになって歯石をつくる材料になります。

歯石がたまると歯周病の住処となってしまいます。

対策は?というと

「歯磨き」になってきます。

歯磨きといってもブラシで擦るだけでは

歯石はとれないので、デンタルフロスも併用して

予防を徹底していきましょう。

いかがでしょう?

歯周病のリスクって誰しもがもっているもので、

歯磨きしてればってことでもないんですね。

口の中の環境が悪化すれば着色もしやすいので、

みなさんもしっかり予防していきましょうね。

一緒にホワイトニングや歯の健康に関する知識を身に着けて、

生まれたての白い歯を目指していきましょう。


====================

ホワイトニング専門店

オリスホワイト

〒790-0004

愛媛県松山市大街道2丁目1-31 ミソラビル2F

tel 089-954-3410

営業時間 11:00〜20:00

定休日 月曜、木曜日


====================

特集記事
Posts are coming soon
Stay tuned...
最新記事