日本人の歯はなぜ欧米人と比べると黄色くみえるのか?

こんにちは

オリスホワイトスタッフの寺町です。

まだまだ勉強中の身ですが、

僕が学んだことをみなさんにお伝えしたいと思います。

おうち時間が増えて動画配信サービスを利用するようになりました。

今までは手を出さなかった海外ドラマなどもちょくちょくみるようになりました。

職業柄歯に注目してしまうのですが出てくる人出てくる人みんな歯が白いんです。

「やっぱり俳優さんだから歯がしろいのかな?」

とばかり思っていましたがどうやらそれだけではないそうです。

ということで調べてみました。

日本人の歯はなぜ欧米人と比べると黄色くみえるのか?

これを調べる前は

肌の色が濃い色だったら相対的に歯が白くみえるのでは?なんて考えていたのですが、

それだと肌の色が薄い人の歯は黄色くみえるか?というとそうではないですよね。

どうやら目の錯覚というわけではなさそうですね。

ではなにが原因なんでしょうか?

それはエナメル質の厚さ食事の習慣に問題があるとのこと。

一つずつ見ていきましょう。

まずは「エナメル質の厚さ」についてです。

エナメル質というのは歯の外側をコーティングしているものだと考えてください。

このエナメル質が白または透明な色をしていて歯を白くみせているのです。

このエナメル質の下層には象牙質と黄色っぽくみえる層があり、

食事や歯磨きでこのエナメル質が薄くなることで歯は黄色くみえます

では実際にどれくらい分厚さが違うのかというと

日本人はだいたい0.9mm

欧米人はだいたい1.1mm

たった0.2mmの差ですがこの違いが大きいんです。

諸説あるそうですが欧米人は肉などの硬いものを食べる習慣があり、

進化の過程でエナメル質が分厚くなったのでは?なんていわれているそうです。

次に「食事の習慣」です。

歯のエナメル質を溶かす食べ物や飲み物というのがあります。

これは口に含むと口の中が酸性になるものをいうのですが、

食べ物なら例えば果物やお米なんかは酸性ですし、

飲み物なら例えばワイン、スポーツドリンク、コーヒーなんかも酸性です。

酸性の逆はアルカリ性ですが

アルカリ性の食べ物はざっとこんな感じ

チーズ、ヨーグルト、ほうれん草、こんにゃく、ひじき、海藻など

こういった食事の習慣の違いも歯の白さに大きな影響を及ぼしそうです。

いかがでしたか?

僕自身は酸性のものばかりを飲み食いしていたなと反省しました。

日本人はもとから歯が黄色いからなんて諦めず、

しっかりとホワイトニングを続けていくこと

そして食事を気をつけていくことで欧米人のような

白い歯は十分目指せると思います。

一緒にホワイトニングや歯の健康に関する知識を身に着けて、

生まれたての白い歯を目指していきましょう。


====================


ホワイトニング専門店

オリスホワイト

〒790-0004

愛媛県松山市大街道2丁目1-31 ミソラビル2F

tel 089-954-3410

営業時間 11:00〜20:00

定休日 月曜、木曜日


====================

特集記事
Posts are coming soon
Stay tuned...
最新記事