ストレスから開放され、歯もきれいになる方法

こんにちは

オリスホワイトスタッフの寺町です。

みなさんストレス解消法はありますか?

休みの日に買い物をするとか旅行に行くとかカラオケに行くとか

色々とあると思います。

ただ最近ではなかなかそういった活動もできてないのでは?と思います。

そこで今日ご紹介したいのは手軽にできるストレス解消方法です。

ホワイトニングとなにか関係があるの?

と思うかもしれませんがそこはご安心を。

もちろん歯の白さをキープするためにもかかせないことなので、

一石二鳥ですね。

ということで今日は

「ストレスから開放され、歯もきれいになる方法」

というテーマでお送りいたします。

自然に歯の白さをキープするために大事なことといえば

「唾液の分泌量」ですね。

口呼吸などが続いていたり、

顎周りの筋肉が固まっているあるいは弱っていると

唾液の分泌が少なくなりがちです。

唾液は口の中を掃除してくれる「ハウスキーパー」のような役割を

してくれているので少なくなると口の中も汚れがちです。

唾液の分泌を増やすのに役立つものといえば

「ガム」や「あたりめ」などの噛みごたえがあって

ずっと噛んでいられるものです。

じつはこの「ガム」や「あたりめ」がストレス解消に役立つんです。

脳には「扁桃体」と呼ばれる

「嬉しい」とか「嫌だな」というのを判断する場所があります。

ガムを噛むことで「扁桃体」の活動が抑えられるので

「嫌だな」という信号が脳に送られにくくなることでストレスを軽減してくれます。

また音楽を使った実験なんかもあって、

不快に感じる音楽を聞いた時に人は「扁桃体」の活動が活発になって

血中のストレス物質が増えるそうです。

ところがガム噛んだ状態でだと「扁桃体」の活動も血中のストレス物質も

なにもしてない状態と比べて減少したという報告があるようです。

ガムを噛むだけでこんなに簡単に変化がでるものなんですね。

他にも噛むことで「幸せホルモン」である「セロトニン」が増えるという報告もあります。

セロトニンが減ることで人間は

不安になる

落ち込みやすくなる

目覚めも悪くなるし

集中力も低下します

セロトニンは、一定のリズムで同じ動きをくり返す『リズム運動』を行うと活性化するといわれていて。

物を噛むという行為は最も手軽なリズム運動といえそうです。

いかがでしょうか?

噛むという行為がこれほどまでに有能だったとは驚きです。

小さいころにしっかり噛みなさいとはよく言われたものですが、

ちゃんと理由があるものですね。

忙しいと食事の時間も満足にとれず、

ついつい噛まずに食べられる麺類とかを選びがちですよね。

食事で満足に噛む時間がないときは食後にガムを噛んで

ストレス解消、お口のケアをしてもらうのがいいんじゃないかな?と思います。

一緒にホワイトニングや歯の健康に関する知識を身に着けて、

生まれたての白い歯を目指していきましょう。

====================

ホワイトニング専門店

オリスホワイト

〒790-0004

愛媛県松山市大街道2丁目1-31 ミソラビル2F

tel 089-954-3410

営業時間 11:00〜20:00

定休日 月曜、木曜日

====================

特集記事
Posts are coming soon
Stay tuned...
最新記事