エナメル質を守って歯の白さをキープする食べ方

こんにちは

オリスホワイトスタッフの寺町です。

前回エナメル質が溶けてしまうと歯が黄色くみえるというお話をしました。

エナメル質は口の中が酸性に傾く食事を続けていると溶けてしまうそうです。

酸性のものというと飲み物ならコーヒーやワイン、食べ物ならフルーツなど

どれもこれも体の栄養には良いものばかりだったりします。

歯の白さをキープするために体の健康を犠牲にするわけにはいきませんよね?

ということで今日は

エナメル質を守って白い歯をキープする食べ方

をご紹介いたします。

自分自身歯の白さはキープしたいけど、

食べるものに関してはなかなか気をつけることができてないので、

この情報はまさに朗報でした。

それではどんな食べ方をすればよいかというと

しっかりと噛んで食べる

それだけ?っていう感じですよね。

しっかり噛む目的というのが

唾液をしっかりと出すということなんですね。

口の中が酸性に傾くとエナメル質が溶けてしまうというのは冒頭お伝えしたとおり。

唾液は中性というって酸性とアルカリ性の間にあたるのですが、

唾液の中の重炭酸塩という成分が酸と結びついて

酸性に傾いた口の中を戻してくれるそうです。

しっかりと唾液を出すために大事なのが「噛みごたえ」ですね。

例えばフルーツなんかは皮をとってしまうとあまり噛まずに飲み込めてしまいます。

皮付きの場合は硬さがあるのでしっかりと砕いてから飲み込みますよね?

そうすることでしっかりと唾液がでるので、

エナメル質が溶けるのを防ぐことができるそうです。

まとめるとしっかりと噛む習慣をつけて唾液の量が増えれば

今までよりも歯の白さはキープできるといえそうですね。

いかがでしょうか?

個人的には昔から早食いで時間に余裕があってもがっついてしまうのですが、

歯の白さをキープするためにきをつけていければと思います。

一緒にホワイトニングや歯の健康に関する知識を身に着けて、

生まれたての白い歯を目指していきましょう。



====================


ホワイトニング専門店

オリスホワイト

〒790-0004

愛媛県松山市大街道2丁目1-31 ミソラビル2F

tel 089-954-3410

営業時間 11:00〜20:00

定休日 月曜、木曜日


====================

特集記事
Posts are coming soon
Stay tuned...
最新記事