最新記事
Posts are coming soon
Stay tuned...
特集記事

どんな食べ物にも着色のリスクあり

こんにちは

オリスホワイトスタッフの寺町です。

ホワイトニングについて誤解されていると感じることがあります。

それは1回のホワイトニングで真っ白になると思っている人が多いということです。

それではお聞きしますが、

「あなたは食事をとるとる時どこからとりますか?」

もちろん口だと思います。

そう生きるためには食べる必要がありますし、

食べるということは歯を汚すということでもあるのです。

そうなるとコーヒーや紅茶、カレーなど歯を汚しそうな食べ物を

とらなければいいんじゃないか?と思いませんか?

実はそうじゃないんです。

もちろんそういった食べ物を避けることでが

白さのキープには繋がりますが、

なにも着色汚れの原因はそれら色の濃い食べ物だけではないのです。

ということで今回は

「どんな食べ物にも着色のリスクあり」

というテーマでお送りいたします。

着色の大きな原因は

ポリフェノールとタバコのヤニです。

まずはタバコのやにですが、

タバコに含まれるタールは

歯の表面にひっついてヤニ汚れとして

歯を黄ばんでみせてしまいます。

そしてポリフェノールですが、

コーヒーや紅茶で歯が汚れるのも実は

このポリフェノールが大きく作用しています。

他にも大豆に含まれるイソフラボンもポリフェノールの一種です。

そう豆腐など白いものを食べても歯は汚れてしまうんですね。

最近よく聞く腸活にも大きな効果をもたらすポリフェノールですが、

腸の中の良い細菌を増やして、悪い菌を減らしてくれるなど

人間が生きていくうえでは欠かせないものです。

さぁこのヤニとポリフェノールですが、

歯の表面につくとペリクルというタンパク質とひっついて

「ステイン」という着色汚れに変わってしまいます。

ステインの状態になると歯の表面につくというよりは

歯に沈着してしまうので歯磨きでは簡単にはとれません。

お皿を磨いても色がとれないのと同じことですね。

沈着してしまった汚れはしっかり分解して、浮かしてから磨くのが大事。

分割ポリリン酸ナトリウムが入った歯磨き粉を使うもよし。

それでも理想の白さにならないということであれば、

ホワイトニングがおすすめです。

歯の黄ばみが気になるようでしたら、

ぜひ一度ホワイトニングに起こしくださいね。

====================

ホワイトニング専門店

オリスホワイト

〒790-0004

愛媛県松山市大街道2丁目1-31 ミソラビル2F

tel 089-954-3410

営業時間 11:00〜20:00

定休日 月曜、木曜日

====================

ソーシャルメディア
No tags yet.
タグから検索
アーカイブ
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
  • Facebook - White Circle
  • Twitter - White Circle
  • Instagram - White Circle

Copyright © 2021 ORIS WHITE All Rights Reserved.